« 宝の山 | トップページ | CPI »

2014年2月26日 (水)

時系列

早速、コメントをいただいてしまいました。


発掘に汗かく宝の山・・・・付表の2に産業別のoutput,value-addedが載っています。ところが一年一枚のシートで時系列のデータを作るには「串刺し」ソフトを検索して加工しなければなりません。


この表、名目と実質があり、時系列でみると各産業でvalue/output比率や実質の同比率(生産性の指標として使えます)が計算でき、結果の数値が時をおって減っていることに驚かされるものですからもっと注目されてよい表かと思うのですが、時系列にするのにひと手間必要なものですから利用者はhesitateするでしょうね。


洛陽の紙値を高からしめるために時系列もすぐDLできるとよいですね。また「産出額」、「総生産」というのもまるで判じ物ですね。これじゃ「商品」を探している人を混乱に陥れるだけですね・・。


コメントをいただきありがとうございました。


全く耳の痛いご指摘で、本当にそのとおりだと思います。付表2もそのとおりだと思いますが、それ以外にも同様の指摘をされることがよくあります。


私は、個人的に財政分野の分析をすることが多かったことから、付表6などは馴染み深いのですが、それを一度見ていただければお分かりいただけますとおり、右から「中央政府」、「地方政府」、「社会保障基金」、「合計」と一年ごとに並んで、時系列になっているんです。

http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/data/data_list/kakuhou/files/h24/tables/24s6_jp.xls

これが、「中央政府」だけの時系列、「合計」の時系列、と作るのが面倒くさいという指摘を受けたことがあり、「確かになぁ」とうなずいた記憶があります。


ただ、この表については、「中央政府」の時系列を簡単に見たいというユーザーと同じくらい、各年の一般政府の内訳(すなわち「中央政府」、「地方政府」、「社会保障基金」)が見たいというユーザーもいるのだと思います。


national accountsは、時系列、内訳、産業別などあらゆる面での比較が可能であるゆえに、表の作り方が難しくなる傾向があるのではないかと思います。例えば、付表2でも、「各産業」×「各項目(産出、中間投入等)」のクロスで二次元です。これを時系列であらわそうとすると三次元です。三次元のものを二次元の紙で表すというのはほとんど不可能に近いのではないかと思います(笑)


これを根本的に解決するためには、n次元でデータベース化して、あらゆる切り口でデータを取り出せるようにすることしかないのではないかと思っており、これができれば素晴らしいと思うのですが、これだけ複雑な構造になっており、しかも、2,3年毎に改定があるデータでこのようなデータベースを作るというのは(特に予算の面で)非現実的なような気もしております。そもそも、eurostatoecdなどの国際機関のデータベースでも、付表2クラスの細かさでデータベースにはしていなかった気がしますし。。。


というわけで、現状は、まだ、national accountsは、「マニアのための遊び道具」の域を出れていないというのが現実なのだろうなと思っております。(これは日本に限らず、世界的にそうだと思います。)そして、これをもう少し使いやすくするためにも、この「マニア」たちが、便利な使い方を紹介することが大切なのではないかと思っています。一部の「マニア」のものだったコンピュータが、いまや世界中の誰もが使えるような機会になったように、national accountsも、経済学を生業とする人のみならず、経済活動をする人誰もが気軽に見れるような「公共財」になればよいなと思う次第です。。。

« 宝の山 | トップページ | CPI »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

いやいやおっしゃる通りですね。日銀の時系列データコーナーは簡単に引き出せて便利ですが(引出まで行くのが難渋ですが)あちらは黒字団体ですからね。さらに、性格は若干変わりますが、GDPそのものも過去までさかのぼってエイヤッと接続する系列があってもよいと思いますが、統計当局にとってはそんな乱暴なことできませんというところでしょうね。

本当におっしゃるように(NPO的なおせっかいなところで)便宜を図れるとよいですね。

内閣府の人から見て、消費者物価指数というのはどういう風に見えているでしょうか。

SNAは力作なれどユーザーに親切ではないと以前コメントしました。当ブログではそうはいってもなかなかそこまで手が回らないETCのコメントアがありました。さもありなん。何しろ公務員数は増えていないですからね。
そこで一念発起SNAを加工して多少はユーザーフレンドリーなデータ集を作ってみました。

http://www.kakeiken.or.jp/jp/outline/ezaki.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559179/59199770

この記事へのトラックバック一覧です: 時系列:

« 宝の山 | トップページ | CPI »

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31