« 「需要側と供給側」の2つの意味(3) | トップページ | 硬貨(2) »

2013年12月31日 (火)

硬貨

大分前からご質問をいただいておりながら、ご回答できておりませんで、申し訳ございませんでした。

いただいておりましたご質問は、

 1円硬貨が大量に発行されるようですね。政府の勘定はどうなるんでしよう。昔記念硬貨で同じ(「収支」は原料安で逆ですが)ことがおこり なるほどね とSNAの体系に「感動した」記憶があるのですが。

です。

非常に面白いご質問をいただきありがとうございました。これは非常に「ニッチ」な分野で、しかも、私も直接担当していた部分ではないですので、すぐには分かりませんし、正しいお答えにならないかもしれませんが、少し、資料を見ながら考えてみようと思います。

まず、national accountsに入る前に、貨幣及び紙幣(日本銀行券)とはどのようなものなのかを考えて見ましょう。そのためには、日本銀行が公表している「日本銀行の機能と業務」の第3章が分かりやすいと思います。

http://www.imes.boj.or.jp/japanese/pf.html

これを見ますと、冒頭に、以下の説明があります。

現金通貨が実際に使われるためには,「お札」や「硬貨」を製造した後,まず,これらを世の中に送り出すことが必要である。「お札」つまり銀行券は,独立行政法人国立印刷局が製造した後,日本銀行が製造費用を支払って引き取る。この段階では,銀行券は「モノ」として取り扱われる。その後,金融機関が日本銀行に保有している当座預金を引き出し,日本銀行の窓口から銀行券を受け取ることによって世の中に送り出され,「お金」として使用されることになる。(中略)発行された銀行券は,日本銀行の貸借対照表(バランス・シート)の負債に計上される。

これを読むと、特徴的なことが分かり、「お札」は、国立印刷局が製造した直後は「印刷した紙」に過ぎず、これを、中央銀行が引き取る段階では、「印刷代金」をお支払いして、あくまで「モノ」として引き取っているということです。では、いつから「お金」になるかというと、市中銀行が、中央銀行から受け取って(これには、何かしらの資産を中央銀行に売却するか、預金を引き出すか(預金も資産ですが。。。)という取引が行われることになります)、その「印刷した紙」が「お金」になるわけです。

最後のところにある、「発行された銀行券は、日本銀行のB/Sの負債側に計上される」ということもポイントになります。つまり、中央銀行は、その気になれば、何かしらの資産を購入しまくって、お金を発行することができるし、市中銀行も、当座預金を思いっきり減らして、銀行券に換えることもできるわけです。

こうしてみてみると、銀行券の価値の担保って、「最後は、その紙幣と同じ価値の資産を日本銀行が持っており、その資産と交換してくれるはず」という信用に基づいているんだということが分かります。

当座預金を減らす場合には、同じく負債間の取引ですから、バランスには問題は出ませんが、何かしらの資産を購入する場合は、資産と負債が両建てで膨らむことになります。ですので、その資産がきちんと発行した銀行券に見合う価値のものかどうか考えて購入しないといけません。なぜなら、その資産価値が下がったときに、日本銀行は債務超過に陥ったりしてしまう可能性もあるわけですから(笑)

話が横にそれてしまいましたが、次回以降本題に戻ります(笑)

« 「需要側と供給側」の2つの意味(3) | トップページ | 硬貨(2) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559179/58851425

この記事へのトラックバック一覧です: 硬貨:

« 「需要側と供給側」の2つの意味(3) | トップページ | 硬貨(2) »

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31