« 金融取引 | トップページ | 金融取引(3) »

2013年9月30日 (月)

金融取引(2)

前回の続きで、national accountsにおける金融取引の話です。

まず、national accountsがどのような体系になっているかからです。正式な名称で書くとややこしくなるので、できるだけわかりやすく。。。

①生産勘定【生産勘定/財貨・サービスの対外勘定】

②所得支出勘定【所得の発生勘定~所得の使用勘定まで】

③資本調達勘定【資本勘定・金融勘定】

④調整勘定【その他の資産量変動勘定~再評価勘定】

⑤貸借対照表

という流れになります。これだけだと分かりにくいので、順を追って細かく書いていきますと、

①生産勘定

 これは、どれだけの額の生産がおこなわれ、その生産のうちどれだけが中間投入されたかということがあらわされます。そして、生産-中間投入が付加価値(GDP(生産側))になります。

②所得支出勘定

 これは、得られた付加価値をどのように配分しているかを示します。まずは、「家計」、「企業」、「政府」に分けるところから始まり、財産所得(利子や配当など)の受取り及び支払いを調整し、更に、所得税、社会負担、社会給付、移転所得(児童手当などの形で、一方的にお金を受け取る取引)などを調整すると、「可処分所得」となります。これが、その年に「使える所得」ということになります。

 この勘定では、更に、この「使える所得」をどれくらい「消費」に使ったかをまで記録します。そして、「可処分所得」のうち、「消費」に使った残りが「貯蓄」となります。

③資本調達勘定

 これは、「貯蓄」のうち、どれだけを実物資産(設備投資などの固定資本形成や、土地、在庫品増加)に使い、どれだけを金融資産に使ったかということまで記録します。粗笨調達勘定は、実物資産の増減を記録した勘定と、金融資産の増減を記録した勘定に分かれます。前者では「総固定資本形成」がどれだけ増え、「在庫品増加」がどれだけあったか、というようなことが示され、「貯蓄」とこれらの差額が「純貸出(+)/純借入(-)」となります。また、後者では、「現金・預金」、「貸出・借入」などの金融資産(負債)の増減が計上され、その合計が「純貸出(+)/純借入(-)」となります。

よく「純貸出(+)/純借入(-)」(昔は「貯蓄投資差額」とも呼ばれていました)が、実物と金融で一致するという言い方がされます。が、これはよく考えると当然な話で、定義上、

貯蓄‐実物資産に使った額=純貸出(+)/純借入(-)

なのですから、手元にあるお金(貯蓄)から、実物投資に使わなかった分は、金融資産として手元に残っている(逆に、手元にあるお金以上に実物投資に使ったら、手元にあった金融資産が減っている)ということを言っている訳です。

④調整勘定

 ここから先は、実物資産、金融資産のストックの話になります。その保有している実物資産、金融資産の価値は、放っておくだけでも増えたり減ったりします。その主な理由が、「資産の再評価」によるものです。例えば、持っていた株式の価値が上昇したとか、大量にレアメタルを持っていたら、希少価値が上昇したとかそんな内容です。もうひとつの増減要因は、例えば災害などでその資産が壊れてしまったなどということが考えられます。こちらは「その他の資産量変動勘定」というところで記録されます。

⑤貸借対照表

 ①~③までの生産活動由来による資産の増減と④の資産そのものの変動(価値の変動又は物理的に無くなってしまったなど)を、前期のストックに加えて作られるものが、当期のストックを示すもの、すなわち貸借対照表になります。

長くなりましたので、続きは次回に。

« 金融取引 | トップページ | 金融取引(3) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559179/58291931

この記事へのトラックバック一覧です: 金融取引(2):

« 金融取引 | トップページ | 金融取引(3) »

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31