« GDPとGNI(5) | トップページ | 総供給と総需要 »

2012年4月16日 (月)

アメリカのGNI

しばらく更新できていませんでした。

その間にひとつ面白いお話をいただいていたので、そのネタで少し。

そのお話の内容は、

 NYtimesに米国の成長率の記事がありGDPGDIが言及されていました。その差がずいぶん大きいのでこりゃなんじゃ とBEAを探ってみると 交易条件なんぞではなく統計上の不突合なんですね。生産アプロートでは4.4という高い数値が出、支出アプでは3.0ということです。

ということでした。

確かに、これだけ大きく差があると何が原因なんだろうと思ってしまいます。そこで、アメリカのBEAの公表資料を見てみましょう。

Gross domestic income

Real gross domestic income (GDI), which measures the output of the economy as the costs incurred and the incomes earned in the production of GDP, increased 4.4 percent in the fourth quarter, compared to an increase of 2.6 percent in the third.  For a given quarter, the estimates of GDP and GDI may differ for a variety of reasons, including the incorporation of largely independent source data. However, over longer time spans, the estimates of GDP and GDI tend to follow similar patterns of change.

GDIの部分の説明資料ですが、多くの理由が考えられるが、その中には基礎統計の違いが原因である、と書いていますね。

日本の実情を前提にすると、この文章は非常に分かりにくいかもしれません。というのは、日本では速報値(QE)では、名目値はGDP(支出側)とGDIはイコールです。なぜならIすなわち分配面の推計をしていないのですから。

そして、確報値(年報)では、分配側のGDIGDP(生産側)と等しくなります。ここでも、分配側の推計をしていないというのはQEと変わりがありません。

この事実を前提として、アメリカの文章を見ると、「基礎統計の違いが原因」という言葉は、確かにGDP(生産側)とGDP(支出側)の不突合の問題のようにも見えます。しかし、恐らくBEAの文章が言っているのはそういうことではないと思います。

というのは、アメリカでは確報だけでなく、速報値(と言っても、一番早advanceでは無理で、3回目の改定値(third estimate)で出てくるのですが)の段階でも、分配側の推計をしています。

分配側の推計とは、雇用者報酬、営業余剰、生・輸税、固定資本減耗といった構成要素を直接推計して、それを積み上げているということです。そして、アメリカのGDIとはこういった推計値のことなのだと思います。

なお、アメリカのGDPの推計は非常に日本に似ていて、支出側から推計していますから、民間最終消費支出や民間企業設備投資、在庫品増加などを積み上げたものと、雇用者報酬、営業余剰などを積み上げたもので、ある程度差が出るのはしょうがないような気がします。

というわけで、教えていただいたお話を元に、三面等価のうち、日本ではあまり語られることのない分配側について書いてみました。

※ 実は、当方は、3月いっぱいで日本のSNAの作成業務から異動しました。(その関係で少し更新が遅れてしまったのですが。。。)

  このブログの元々の趣旨は、統計作成者が、統計ユーザに対して、考えていることや統計作成者でしか分からないマニアックな内容を伝えることができればということからはじめたものですので、私が統計作成者でなくなった現在、これ以上私が何か書くのもおかしいですので、今回の記事で一応終了とさせていただきます。

  長い間ご覧いただいた皆様にお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

« GDPとGNI(5) | トップページ | 総供給と総需要 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

異動になられたとのこと、個人的には残念ですが・・・今まで有難うございました。このブログに出会うまではどの本を読んでもさっぱりわからなかったSNAのことを解説してくださるこのブログ、まとめて印刷して、今でもいつでも見られるように手元に置いています。ここに書き込んだ質問にも丁寧に答えてくださって、いくら感謝してもしきれません。復活を望むのも厚かましいかもしれませんが、またどこかでその後見識に触れることができるのを楽しみにしています。本当に有難うございました。

突然、「通りすがり的な質問」で恐縮です。

事後的に、
総供給=総需要、であり、
総需要=内需+外需、
であることは異論のない所だと思われます。

で、質問は、
外需=純輸出、つまり
外需=輸出 − 輸入、
と考えて良いのかどうかということです?

もしこの外需の定義が正しいとすると、
GDP = GDE = C + I + G + Ex - Im、となり、
総供給は GDP のみということになります。

僕の直感的なイメージでは、
総供給は GDP + Im 、なのですが、
この直感が思い込み的な誤りで、
公的な定義では、
総供給は GDP のみ、
ということでよいのでしょうか?

御返答頂ければ、幸いです。
よろしくお願いいたします。

小泉生。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559179/54482496

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカのGNI:

« GDPとGNI(5) | トップページ | 総供給と総需要 »

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31