« 10-12月期1次QE(6) | トップページ | 財政部分(2) »

2012年2月29日 (水)

財政部分

昨年末~今年にかけて公表した、22年度確報について、関心がある方も多いと思われる財政部門について少し触れてみます。

今回の基準改定では、財政関係について大きく分けて2つの変更が行われています。一つ目は、「公的部門の格付け変更」でして、既にふれたのですが、「公的部門」に格付けする基準(政府支配の有無)をより国際基準に近くなるように変更するということと、公的部門の中でも「政府」に分類する基準(市場性の有無の基準)を変更したということなどが主な変更点になります。

公的部門になるかどうかというのは、政府の支配があるかどうかが基準となるのですが、これを、「株式等の所有による支配」と「役員の任命権を保有することによる支配」の2つでみていきましょう、というように変更しました。

以前も書きましたが、この部分の考え方は、結局経営方針の決定権限(通常は役員や役員で構成される合議体(取締役会)が有しています)を政府が操作できるかどうか、という点がクリティカルに効いてきます。ですので、黄金株を持っている場合なども考えられるのですが、SNAはあくまで幅広い国に適用できるように、「ふわっ」としか基準を書いていませんので、その適用方法は各国にゆだねられています。

そして、17年基準改定後において、我が国では、その基準について、「株主総会の議決権(基本的には株式保有割合)を支配している場合」と「それ以外で役員の任免権を有している場合」の2つの場合を採用したということになります。ちなみに、前者の場合は、役員の任免権は株主総会にありますから、株主総会で過半数議決権があれば、役員の任免権を有することになりますから、考え方としては実は一貫しているわけです。このあたり、会社法の「親会社」と「子会社」規定とも整合的な考え方になったと思います。

(以前の基準では、「議決権を支配している」ことに加えて、それ以外で「役員の任免権を有している場合」となっていて、実は何を目的としていたのかよく分かりませんでした(笑))

そして、「政府」になるかどうかは、市場性があるかどうかが基準となるのですが(これは、実際には民間と非営利の関係にも当てはまります)、これについてSNAマニュアルでは「経済的に意味のある価格であるか」というふわっとした書き方しかしていません。

この基準では意味が分かりませんので、各国ともいろいろな基準でやっていました。日本は、今までは、

①民間事業所に同種の活動がある。…民間との間で競争が行われている可能性がある。

②価格あるいは料金が供給する量・質に比例している。…供給活動について外部から

の制約を受けない。

③自由意思による購入ができる。…消費活動について外部から制約を受けない。

http://www5.cao.go.jp/statistics/sna/zaisei_2/sankou_2.pdf より抜粋しています≫

という独自の基準でやっていたのですが、今回eurostatの基準である、「売上高が生産費用の50%以上か否か」という基準に変更しました。

こういった基準の変更で、公的部門の範囲が少し変わっているのですが、大所としてはNTTJRのうち国が株式を持っている法人について、公的企業になったことなどなのですが、確かにその分だけ公的固定資本形成が増え、民間企業設備が減る形となっているのですが、一国全体の付加価値でみると変わりませんでした。また、一般政府のISバランス、プライマリーバランスについても、実際それほど影響はなかったような気がします。

ただ、ISバランス、プライマリーバランスについては、従来中央政府だった「日本高速道路保有・債務返済機構」が公的企業に格付け変更となったことにより平成17年度の「土地の購入(純)」に大きな変化が出るなどの、局所的な影響は出ています。が、総じてみて、それほど大きな変化はありませんでした。

« 10-12月期1次QE(6) | トップページ | 財政部分(2) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

税収の生産弾力性は内閣府のマクロモデルがわかりやすく示したものですよね。
できれば、このブログで解説してほしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559179/54109684

この記事へのトラックバック一覧です: 財政部分:

« 10-12月期1次QE(6) | トップページ | 財政部分(2) »

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31