« 一般政府の勘定表 | トップページ | 一般政府の勘定表(3) »

2012年1月20日 (金)

一般政府の勘定表(2)

さて、前回の続きです。

フローでの政府の勘定を見るため、General Government Accountsの中のGovernment deficit/surplus, revenue, expenditure and main aggregatesを用いてみます。

この勘定表は、SNAの勘定表とは少し異なり、政府の支出(Total General government expenditure)と政府の収入(Total General government revenue)をそれぞれ求め、その差額でもって、ISバランス(純貸出(+)/純借入(-)(Net lending (+)/Net borrowing (-)))を求めるという形になっています。

そこで、政府の支出を、

○雇用者報酬

○補助金、経常移転の支払い等

○社会保障費

○財産所得の支払い

○総資本形成

○資本移転の支払い

○その他の支出

に分けてみます。

そして、政府の収入を、

○税収

○経常移転の受け取り

○社会負担

○財産所得の受け取り

○資本移転の受け取り

○その他の収入

に分けてみます。

また、各国通貨単位が合いませんので、とりあえずGDP比でみてみようと思います。

まずは、問題のギリシャから。

グラフのプラス欄に収入項目、マイナス欄に支出項目を挙げています。

1 2

という感じです。

一見しただけでも、支出項目は40%以上で、年によっては60%に近いくらいまで出ていますが、収入は常に40%未満です。ですから、常にISバランスは、5%以上のマイナスとなっています。そして、この差は債務として積みあがってきているということでしょう。

ただ、これだけじゃよく分かりませんから、優等生グループの中の一番手、ドイツと比較してみましょう。

3  4

まず、一見して収入と支出のバランスが非常に良いですよね。支出が40以上、50%未満で安定しており、一方で、歳入も安定して45%程度ありますから、年によってISバランス赤字幅は出ますが、ギリシャとは数倍近い差がありますね。

また、財産所得の支払いというのは、支払利子を含みますが、その割合を見ても、ギリシャはドイツの倍以上あるように見えます。それだけ過去の債務の利払いで苦しんでいるという感じでしょうか。

そして、ドイツとギリシャを比較すると、支出はそれほど違わない(わずかにギリシャが多い)ですが、収入がドイツの方が圧倒的に多いです。その内容を良く比べてみると、税収、社会保障ともに、ドイツの方が数%程度高いように見えます。

また、支出が同じくらいと言っても、中身がやや違います。ギリシャは、雇用者報酬(公務員の人件費)が多い一方で、社会保障費がそれほど高くないのですが、ドイツは、雇用者報酬が少なく、社会保障費が高くなっています。

こういった実態を見ると、メルケル首相が「ギリシャがもっと財政改革(増税か歳出削減ですが)しないと、ドイツは助けない」と言いたくなる気持ちもよく分かります。(笑)

さて、まずは、極端な2つを見ましたので、次回以降、他のPIGSも見ていきましょう。

(注)以下、具体的に積み上げた項目です。

≪政府の支出≫

○雇用者報酬(GD1P: Compensation of employees, payable

○補助金、経常移転の支払い等(GD3P: Subsidies, payableGD7P: Other current transfers, payable

○社会保障費(GD62P: Social benefits other than social transfers in kind, payableGD631XXP: Social transfers in kind (via market producers), payable

○財産所得の支払い(GD4P: Property income, payable

○総資本形成(GP51P: Gross fixed capital formationGP52_P53P: Changes in inventories and acquisitions less disposals of valuablesGK2P: Acquisitions less disposals of non-produced non-financial assets

○資本移転の支払い(GD9P: Capital transfers, payable

○その他の支出(GP2P: Intermediate consumptionGD29P: Other taxes on production, payableGD5P: Current taxes on income, wealth etc., payable

≪政府の収入≫

○税収(GD2R: Taxes on production and imports, receivableGD5R: Current taxes on income, wealth etc., receivable

○経常移転の受け取り(GD7R: Other current transfers, receivable

○社会負担(GD61R: Social contributions, receivable

○財産所得の受け取り(GD4R: Property income, receivable

○資本移転の受け取り(GD9R: Capital transfers, receivable

○その他の収入(GP1XXR: Market output, output for own final use and payments for non-market output

« 一般政府の勘定表 | トップページ | 一般政府の勘定表(3) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559179/53777068

この記事へのトラックバック一覧です: 一般政府の勘定表(2):

« 一般政府の勘定表 | トップページ | 一般政府の勘定表(3) »

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31