« Q-SNAの公表日と改定について | トップページ | Q-SNAの公表日と改定について(3) »

2011年11月23日 (水)

Q-SNAの公表日と改定について(2)

前回は先進国のQ-SNAの公表日について書き、そのうち、アメリカとイギリスが突出して早いということも書きました。

ただ、昨日書いた通り、イギリスは、突出して早く出しているのは生産側で、支出側などはもう少し遅くなるという状況にあります。

では、もう一か国のアメリカについてどうなるかというと、これは、イギリスより早い10月中に、支出側で出ています。今回の7-9月期で言うと、1027日に出てしまっています。

日本では、IIPCPI等の9月分の公表が28日でしたから、これより早く出してしまっているということになります。(といっても、アメリカのIIPは、1017日に出ており、これ自体も日本より2週間程度早いのですけど(笑))

とはいえ、統計が公表されていないことには変わりはありませんで、それでは、どうしてこういうことが可能なのかということを知りたいのですが、アメリカのGDPNIPAという独自基準でだしているのですが、NIPAの推計方法は、日本よりもブラックボックスだと言われているくらい情報がありません(笑)

ただ、NIPAのハンドブックが出されていますので、それを虚心坦懐に見てみると、以下のような記述があります。(以下のURLP3-7あたりです。)

  The advance quarterly estimate of GDP is released near the end of the month that follows the close of the reference quarter. For most of the product-side components, the estimate is based on source data for either 2 or 3 months of the quarter. In most cases, however, the source data for the second and third months of the quarter are subject to revision by the issuing agencies. Where source data are not available, the estimate is based primarily on BEA projections. For an example of how this information is provided in the Survey of Current Business, see the box “Summary of Source Data for the Advance Estimates of GDP” on page 8 (which was adapted from “GDP and the Economy” in the August 2008 Survey).

http://www.bea.gov/national/pdf/NIPAhandbookch1-7.pdf

前提知識として、アメリカのGDPは、advance estimate ⇒ second estimate ⇒ third estimateとして出されています。そして、上記の記述はadvance estimateのことを書いているのですが、下線の部分に書いてあるように、『基礎データが存在しない場合は、BEA(米国のGDP推計部署)の予測に依っている』、ということなのです。

つまり、基礎統計が存在しない部分は、勝手に予測して出してますよ、というのがアメリカのスタイルで、これを大々的にやっているので早く公表できるということなのです。

ただ、重要な基礎データが一部使えないということだと、日本も負けていませんで、1QEで四半期別法人企業統計が使えないという問題があります。ですので、日本でも、法人企業統計が使えない1QEでは、民間企業設備は、供給側の情報を用いた時系列モデルで、民間在庫品増加は純粋に時系列モデルで推計しています。(いずれも季節調整を行うARIMAモデルを用いています。)

※ちなみに、日本では、この推計方法すらも公表しているのですが、アメリカで、BEAの予測方法を公表しているということは、寡聞にして聞きません(笑))

それがどのような影響をもたらしているかというと、ご存知の通り、この予測が外れると2QEで大きく改定するということになります。

それにしても、アメリカが計数を大きく改定して問題になる、ということはあまり聞きません。それはなぜかというのが結構疑問だったのですが、最近少しおぼろげながらわかってきましたので、それについてはまた次回。

« Q-SNAの公表日と改定について | トップページ | Q-SNAの公表日と改定について(3) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559179/53314763

この記事へのトラックバック一覧です: Q-SNAの公表日と改定について(2):

« Q-SNAの公表日と改定について | トップページ | Q-SNAの公表日と改定について(3) »

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31