« 在庫 | トップページ | 7-9月期1次QE(2) »

2011年11月14日 (月)

7-9月期1次QE(1)

本日1次QEを公表しました。

http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/sokuhou/sokuhou_top.html

7-9月期の実質季節調整済前期比は1.5%と4四半期ぶりのプラスとなりました。1.5%というのは、20101-3月期の2.5%以来の高いプラスでして、一年半ぶりという感じです。

思い出してみると、この時は、自動車やテレビの駆け込み需要が続いていた時で、10-12月期、1-3月期と民間消費が強くなっていました。内訳については追って書きますが、今回も民間消費が強かったことには変わりがありませんが、その要因も同じく自動車なのですが、背景はちょっと異なるようです。

内訳を見てみると、内需が1.0%、外需が0.4%ということで、両方ともプラスになりました。これも20101-3月期以来です。

今回は内需がけん引してプラスという形ですが、その内訳でみると、民間最終消費支出が1.0%と大きなプラスで、次いで民間在庫品増加が寄与度で0.2%、あとは、民間企業設備が1.1%、民間住宅が5.0%などと、内需の中でも民需関係が並んできます。

一方で、公需は、政府最終消費支出は0.4%とプラスながらも、公的固定資本形成が▲2.8%とマイナスとなり、公需トータルでもマイナスでした。

一方、外需の内訳は、輸出が6.2%(寄与度0.9%)、輸入が3.4%(寄与度▲0.5%)という形でして、輸出の増加が、輸入の増加を上回ったという形です。

GDPデフレーターは前期比で▲0.1%とわずかにマイナスです。今回、前年同期比のマイナス幅は、4-6月期▲2.2%から7-9月期▲1.9%と縮小しているので、プラスになるかと思ったのですが、前年の7-9月期のマイナス幅が大きかったこともあるようで、前期比ではわずかにマイナスでした。

ただ、今回はGDPデフレーターのマイナス幅が小さかったということで、名目GDP1.4%と比較的大きなプラスになりました。

民需主導のプラスというのはある程度予測されていたのでしょうか、あまり大きな反響もなく、エコノミストの方々の興味はすでに確報や17年基準改定が反映される2QEや、10-12月期に向かっているようです。それにしても、10-12月期がどうなるかは本当に先が読めないですよね。。。

というわけで、今回のQEについては、次回以降に、もう少し詳細に見ていこうと思います。

« 在庫 | トップページ | 7-9月期1次QE(2) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559179/53246623

この記事へのトラックバック一覧です: 7-9月期1次QE(1):

« 在庫 | トップページ | 7-9月期1次QE(2) »

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31