« 付表6の見方【補足】 | トップページ | 貸し方、借り方 »

2011年10月10日 (月)

ストック編

またまた質問をいただきました。

ストックフロー論です。考えてみました。

家計が、50兆円貯蓄を 取り崩した場合のことです

企業フロー レベルから債務返済された場合

債権    債務

家計100兆円   50兆円

企業300兆円  350兆円

政府50兆円   50兆円

 450兆円   450兆円

       

       

債権    債務

家計 50兆円   50兆円

企業300兆円  300兆円

政府50兆円   50兆円

 400兆円   400兆円

         

フロー50兆円 フロー50兆円

ということです。用語の混乱があるのでわかりにくいので、

 「家計が企業に対して保有している貸出(企業から見たら借入)を、企業が返済した場合、どのように計上されるのか」

という話だと理解して、以下解説します。ですので、債権、債務というのも、金融資産、負債として考えます。

(貯蓄というフローの概念と、資産の話が混同されているように見えます。)

まず、この話はすべて金融のストックとフローの話になります。

家計と企業の金融ストックが以下のようであったと考えましょう。

家計

金融資産 100億円

金融負債  50億円

企業

金融資産 300億円

金融負債 350億円

この時、資産と負債ともに、現金と貸出、借入のみだったとしましょう。

家計

金融資産     100億円

 ・現金・預金   50億円

 ・貸出      50億円

金融負債      50億円

 ・借入      50億円

企業

金融資産     300億円

 ・現金・預金  150億円

 ・貸出     150億円

金融負債     350億円

 ・借入     350億円

となります。

ここで、企業が借入50億円を家計に返済したとすると、フローでは、

家計

金融資産      0億円

 ・現金・預金   50億円

 ・貸出     ▲50億円

金融負債       0億円

 ・借入       0億円

純貸出(+)/純借入(‐)(資金過不足) 0億円

企業

金融資産     ▲50億円

 ・現金・預金  ▲50億円

 ・貸出       0億円

金融負債        ▲50億円

 ・借入     ▲50億円

純貸出(+)/純借入(‐)(資金過不足) 0億円

ストックでは、

家計

金融資産     100億円

 ・現金・預金  100億円

 ・貸出       0億円

金融負債      50億円

 ・借入      50億円

企業

金融資産     250億円

 ・現金・預金  100億円

 ・貸出     150億円

金融負債     300億円

 ・借入     300億円

となります。

質問は、

(1)上の図はあっていますか?

(2)これで、GDP50兆円増になるのですか?

でしたので、(1)は、説明の通りです。(2)はGDPとは関係ありません。ということになります。

« 付表6の見方【補足】 | トップページ | 貸し方、借り方 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございました。企業資産⇔企業負債で、50億円が相殺されることが分かりました。

続いて、ご教示いただければ幸いです。

(1)この結果から、家計金融資産(1400兆円~1500兆円)が増減していますが、例えば、50兆円減る場合は、家計資産⇔家計負債で、ご説明と同じように動くと考えてよろしいでしょうか。

(2)ご説明のその後です。家計が現金資産50億円を預金から降ろし、その50億円分の「新築住宅」を購入したとします。

①この場合、GDPのフローは50億円増加するのでしょうか?
②この場合、ご説明のストックは、どのように動くのでしょうか?

教えていただければありがたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559179/52951302

この記事へのトラックバック一覧です: ストック編:

« 付表6の見方【補足】 | トップページ | 貸し方、借り方 »

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31