« 付表6などの質問についての回答 | トップページ | 付表6の見方 »

2011年9月29日 (木)

付表6などの質問についての回答(2)

「そもそもどのように見れば良いのかよく分からない」というご指摘は良くいただきます。SNAについては確かにわかりにくいというのはわかるのですが、ただ、これについては、反省点と言いたいことがいくつかあります。

まず、SNAの体系や勘定についての解説がないというご指摘については、きちんと年報の冊子にも、HPにも掲載しています。ですので、解説が無いというのは違うのではないかというのが、言いたいことの1つです。

http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/kakuhou/gaiyou/mikata/2009/mikata.html

とはいえ、この解説がどこにあるのか分からないというご指摘については、その通りだと思いますので、反省点の1つです。

更に、この解説では内容が分からないというご指摘については、その通りと思う反省点の2つ目と、そもそも、SNAは勘定体系なのですから、ある程度の会計の基礎のところを勉強しながら見てもらうだけでずいぶんわかると思うのに、そういう点を飛ばして中身が分からないと言われてもなぁ、というのが思うことの2つ目です。

前もここで書いたことがあるのですが、SNAsystem of national accountsです。直訳すると国民勘定体系です。その一方で、日本の経済統計のヘビーユーザーであると思われる人たちって、会計制度についての理解が乏しいように感じます。というか、会計を軽視している雰囲気があるように思います。(私自身の自戒の念の込めて書いています。)

ですので、system of national accountsを見るのに、会計制度を知らないという状況を置いておいて、「どのように見たらよいのか分からない」と言われてもなぁ、というのが思うことの2つ目なのですが、一方で、SNAのメーカー自体からして、「国民経済計算」と言ったり、GDPの数字や支出系列の数字だけメインに押し出してきて、「SNAは勘定体系なんですよ」という言い方をほとんどしてきていない、という反省点の3点目もあるわけです。

SNAの付表6の見方が難しいということの背景には、ここまで書いてきたとおりいろいろな背景があるんだと思います。ただ、自戒の念も込めて、次回に、「勘定体系」ということを前面に押し出して、付表6の私なりの見方について書いてみようと思います。

« 付表6などの質問についての回答 | トップページ | 付表6の見方 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559179/52856701

この記事へのトラックバック一覧です: 付表6などの質問についての回答(2):

« 付表6などの質問についての回答 | トップページ | 付表6の見方 »

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31