« 4-6月期2次QE(2) | トップページ | 4-6月期2次QE(4) »

2011年9月12日 (月)

4-6月期2次QE(3)

引き続き民需です。

民間在庫品増加については、これは、0.3%から0.1%に下方改定になりました。仕掛品と原材料在庫について、1次のARIAM予測よりも、いずれも法季の方が弱かったので、それがもろに影響したという形です。法季の実際の数字を見ても、仕掛品在庫の1-3の取り崩し方が例年に比べて相当小さいのが見て取れます。一方で、4-6月期の積み上がり方は例年と同じか小さいくらいですね。

なお、IIPと商業販売統計を用いて推計する、製品在庫、流通在庫については、上方改定でしたが、法季を使っている上記2形態の影響の方が大きかったという感じです。

それ以外については、民間最終消費支出は、▲0.0%1次QEの▲0.1からわずかに上方改定です。形態別には

 耐久財 6.6% (16.1%

 半耐久財 2.5% (13.8%

 非耐久財 ▲2.0% (1次 ▲2.4%

 サービス ▲0.5% (1次 ▲0.4%

という感じです。

上方改定品目としては、自動車、道路旅客輸送、パン及び穀物などで、逆にパソコンは下方改定になりました。とはいっても、耐久財のデフレーターが下がっていることには変わりがありませんが、少しはその下げ幅がマシになっています。

民間住宅は、1QEの▲1.9%から▲1.8%へとわずかに上方改定となりました。これらを総合して、民間需要は0.3%から▲0.1%へと下方改定になりました。

« 4-6月期2次QE(2) | トップページ | 4-6月期2次QE(4) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559179/52709156

この記事へのトラックバック一覧です: 4-6月期2次QE(3):

« 4-6月期2次QE(2) | トップページ | 4-6月期2次QE(4) »

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31