« リセット効果(2) | トップページ | リセット効果(4) »

2011年7月18日 (月)

リセット効果(3)

私の中では、あまりこの効果の意味が分からなかったのです。

そこで、CPIはラスパイレス指数ですから、0年基準の固定のラスパイレス指数を

1

とします。この時、このとき、2 の変化が3 に与える影響は、

  4

となります。一方で、基準を5年基準としたときのことを考えてみます。

この時の固定のラスパイレス指数は、

  5

となります。このとき、6 の変化が7 に与える影響は、

  8

となります。

ちなみにこれらを%での変化でみると(すなわち対数微分すると)

9

10

となります。

この2つの偏微分係数を見ると、すなわち、リセット効果とは、基準年が異なることで、ウェートとなる実質数量が変化することが原因なのではないかと思うわけです。

ただ、この件については、いまいち自身がなく、異論やご意見などいただけますと非常に助かります。

« リセット効果(2) | トップページ | リセット効果(4) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559179/52236328

この記事へのトラックバック一覧です: リセット効果(3):

« リセット効果(2) | トップページ | リセット効果(4) »

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31