« ストックからフローへ(3) | トップページ | 1-3月期1次QE(2) »

2011年5月19日 (木)

1-3月期1次QE(1)

本日1次QEを公表しました。

http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/sokuhou/sokuhou_top.html

1-3月期の実質季節調整済前期比は▲0.9%と2四半期連続のマイナスになりました。

内訳を見てみると、内需が▲0.8%、外需が▲0.2%となっており、内外需ともマイナスです。そして、内外需ともに、前期よりもマイナス幅を拡大しています。

内需の内訳をみてみますと、民間住宅、政府最終消費支出以外はすべてマイナスでした。

民間最終消費支出は▲0.6%、民間企業設備は▲0.9%、民間在庫品増加は寄与度で▲0.5%、公的固定資本形成は▲1.3%と言ったところです。一方で、プラスとしては、政府最終消費支出が1.0%、民間住宅が0.7%でした。

名目は、季節調整済前期比で▲1.3%でした。ですので、相変わらず名実逆転でして、GDPデフレーター(季節調整系列)の前期比は▲0.4%で、4四半期連続のマイナスだったのですが、今期のマイナスは、前期までとやや違う傾向が出ています。どういうことかというと、内需デフレーター(季節調整系列)は、前期比で0.2%でしたので、国内要因だけならプラスになっているということです。

それではマイナスの要因は何かというと、外需ということになります。もっとはっきり言ってしまえば、輸入デフレーターの上昇です。これは、原油価格の上昇が影響しています。このあたりについては、また追って書いてみようと思います。

QEの数字は、個別の基礎統計を組み合わせて計算しているだけなので、この中から、東日本大震災の影響がどれだけだったのかというようなことを抜き出すことはできません。ですので、今回の数字が震災の影響だったのかなどということは、正直いうと、正確にはわからないです。ただ、民間最終消費支出のマイナス要因の上位項目に、自動車や飲食サービスが含まれていることから、自動車工場の操業ストップや、お花見自粛などの外食控えなどの影響は出ているのではないかと思います。

4-6月期以降はどうなるのか、ますますわからないのですが、このあたりの予測については、民間エコノミストの間でも、意見が分かれるところではないかと思います。

詳細はまた、次回以降に。

« ストックからフローへ(3) | トップページ | 1-3月期1次QE(2) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559179/51716265

この記事へのトラックバック一覧です: 1-3月期1次QE(1):

« ストックからフローへ(3) | トップページ | 1-3月期1次QE(2) »

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31