« 1-3月期1次QE(1) | トップページ | 1-3月期1次QE(3) »

2011年5月20日 (金)

1-3月期1次QE(2)

まず冒頭に。

昨日、4-6月期は民間エコノミストでも意見が割れるのじゃないかと思っていたのですが、今日の新聞記事とか見ていると、民間エコノミストの間では、4-6月期もマイナス成長が続くという見方が多いみたいですね。。。

それにしても、まだ6月も終わってないのに、ある程度メドが出るなんて、みんな、スピード感が違いますね(笑)

(統計メーカーは、出た数字を組み合わせるという仕事なので、事前に予測するという仕事とは全く異なるため、ものすごく温度差を感じてしまいました(笑))

さて、本題に戻り、もう少し個別に見ていきます。

まずは内需です。

民間最終消費支出については、季節調整済前期比は実質で▲0.6%でした。寄与度では▲0.3%です。

前期に続いて2四半期連続のマイナスです。

形態別でみると、際立った特徴がありまして、

耐久財  ▲7.3%

半耐久財  0.6%

非耐久財  2.2%

サービス ▲0.9%

と、耐久財とサービスが大きくマイナスとなり、逆に、非耐久財は大きなプラスでした。

主な品目でみてみると、マイナスのなった品目は、テレビ、飲食サービス、自動車、レクレーション及びスポーツサービスなどです。

テレビは、エコポイント制度の変更(ポイントの半減)があった時なので、その影響が出ているという意見もあるようですね。また、自動車も、10-12月期で大きく下がったのに、更に下がっていますから、3月の操業停止の影響もあったのかもしれません。

飲食サービスというのは、レストランや居酒屋などの飲食業一般です。レクレーション及びスポーツサービスというのは、遊園地やスポーツ観戦、スポーツジムなどなのですが、こういったマイナスでした。確かに、3月にディズニーランドが操業停止などありましたので、こういったことの影響が積み重なったのかもしれません。

これらのマイナス品目は、すべて、耐久財とサービスです。

次回、引き続き、消費のプラスの品目についてみてみようと思います。

« 1-3月期1次QE(1) | トップページ | 1-3月期1次QE(3) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559179/51723142

この記事へのトラックバック一覧です: 1-3月期1次QE(2):

« 1-3月期1次QE(1) | トップページ | 1-3月期1次QE(3) »

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31