« 10-12月期2次QE(1) | トップページ | 再開 »

2011年3月13日 (日)

10-12月期2次QE(2)

大震災の影響で、首都圏においても交通網が麻痺しており、本日ようやく帰宅し、PCを開くことができました。

このブログは、このような状況下において、一刻も早く更新しなければならないような内容はほとんどありません。

明日から、計画停電という話も出ている状況で、貴重な電力資源を使うわけにもいきませんので、10日に公表された2次QEについて、今回更新させていただき、以後、当面の間(最低限、計画停電が解除されるなど、生活インフラの復旧が見込まれるまで)、更新は遠慮させていただこうと思っております。

被災者の皆様には、哀悼の意を捧げますとともに、一刻も早く復旧されることをお祈り申し上げます。

**********

以下、2次QEの内容です。

はじめに民需から見ていきましょう。

まずは、2次QEで一番注目される民間企業設備投資から。これは、0.9%から0.5%に下方改定になりました。要因としては、まず、法人企業統計を反映した影響があります。1次QEの仮置き値よりも、法人企業統計の前期比の方が少し低かったので、下方改定となっています。それに加えて、ソフトウェアについては法人企業統計ではなく、生産動態統計が基礎統計なのですが、こちらの3か月目を反映したところ、思ったより低かったので下方改定になってしまいました。

次は、民間在庫品増加についてです。民間在庫品増加は、前期比寄与度で0.3%1次の0.2%から上方改定となりました。ただ、仕掛品と原材料在庫について、1次のARIAM予測とはそれほど変わらなかったのですが、IIPと商業販売統計を用いて推計する、製品在庫、流通在庫の方が改定要因となりました。それぞれの基礎統計の3か月目の確報が使えるようになったので、それを反映した結果、流通が少し上方改定となりました。(1次QEでは速報しか使えていません。)

それ以外については、民間最終消費支出は、▲0.8%1次QEの▲0.7%から下方改定となりました。要因を見るために、形態別を見てみましょう。

 耐久財 2.6% (1次 3.1%

 半耐久財 ▲0.3% (1次 ▲0.4%

 非耐久財 ▲3.8% (1次 ▲3.6%

 サービス ▲0.2% (1次 ▲0.2%

ということで、耐久財と非耐久財が下方改定していることが分かります。

耐久財については、ラジオ、テレビ受信機及びビデオ機器という項目がオートバイなどが下方改定になっています。このあたりは、生産動態統計の3か月目を取り込んだ結果、思ったより低かったということが原因です。

非耐久財については、その他の非アルコール飲料、アルコール飲料、砂糖、チョコレート及び菓子、などの食べ物系が下方改定になっています。このあたりは、IIPを用いているのですが、それの3か月目確報を取り込んだ影響です。

上方改定と下方改定が入りくりましたが、トータルとして、民需は▲0.1%と、1次QEの0.0%から下方改定でした。

続いて公需です。

公的固定資本形成は、▲5.6%と、1次QEの▲5.8%から上方改定になりました。これは、建設総合統計の3か月目(12月分)を反映した結果なのですが、今回は、1次QEの仮置きとそれほどずれませんでしたので、改定幅も小さめです。そして、政府最終消費支出は、0.3%と、1次QEの0.2%から上方改定です。

これを合わせて、公需は▲0.6%1次QEの▲0.7%から上方改定です。

外需は、ほぼ変更なしでした。

これらを合わせて、ほとんど変わらず、▲0.3%というのが今回の全体像です。

なお、今回は、改定幅も小さく、また過去の改定も小さかったので、ゲタなどもそれほど大きく動きませんでした。

念のため、最後に中国との比較ですが、日本の1012月期が下方改定なので、中国の方が上ということにも変わりはありません。

というわけで、今回のQEについてのコメントは、以上です。

« 10-12月期2次QE(1) | トップページ | 再開 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559179/51112242

この記事へのトラックバック一覧です: 10-12月期2次QE(2):

« 10-12月期2次QE(1) | トップページ | 再開 »

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31