« 10-12月期1次QE(3) | トップページ | 10-12月期1次QE(5) »

2011年2月18日 (金)

10-12月期1次QE(4)

引き続き内需ですが、次は民間企業設備です。

実質前期比で0.9%でした。5期連続のプラスです。

いつも書いてますが、2次QEで四半期別法人企業統計調査が入るので、最終的にどうなるか分かりません。法人企業統計がそれほどぶれないことを祈っているのですが。。。

なお、一点触れておいた方がよいと思うのは、1次QEでは、供給側の統計のみで作られるということは、よく言われているのでご存知かと思うのですが、その供給側の統計から作られる推計値は「総固定資本形成」でして公的固定資本形成も含むものです。今季は、この「総固定資本形成」自体は▲0.2%とマイナスでした。ただ、公的固定資本形成が▲5.8%と大きくマイナスでしたので、その残差である民間企業設備は0.9%とプラスでした。

続いて在庫品増加です。

実質0.2%でした。ご存知のとおり、1次QEでは、原材料在庫と仕掛品在庫が時系列モデルによる予測値です。前回の2次QEでお知らせしていた原材料在庫と仕掛品在庫の予測値が▲0.1%でして、今回でもこの部分は実はほとんど事前のアナウンスと変わっておりませんで、残りの2つの部分でプラスになったという感じです。

ただ、これだけ民間最終消費支出がマイナスなのですから、在庫が積み増される、又は、取り崩しのスピードが落ちる、というのは違和感はないのではないかと思うのですがいかがでしょうか???

民間住宅投資は、3.0%と大きくプラスになってきました。建築着工統計も回復していましたので、それが進捗ベースで出てきた感じです。

あれやこれやで、結構プラス項目もあったのですが、民間最終消費支出の▲0.7%が大きく、民需はトントンの0.0%でした。

« 10-12月期1次QE(3) | トップページ | 10-12月期1次QE(5) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559179/50907806

この記事へのトラックバック一覧です: 10-12月期1次QE(4):

« 10-12月期1次QE(3) | トップページ | 10-12月期1次QE(5) »

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31