« 純借入(+)/純貸出(-)(2) | トップページ | 純借入(+)/純貸出(-)(4) »

2011年1月27日 (木)

純借入(+)/純貸出(-)(3)

では、よく言われている、

(S I) = (G - T) (Ex - Im) …*

と、前回導出した、

(SPIP)= (SGIG) (ImEx) …③

はどういう関係にあるのでしょうか。

そこで、ある2つの仮定を置いてみます。

一つ目は、仮定というより用語の定義なのですが、SIはすべて民間のものだけで、政府の消費や公的の総資本形成は入らないと考えます。その代り、政府の消費と総資本形成はすべてGに入っていると考えます。

二つ目は、政府の消費支出とT(恐らく税金という仮定だと思うのですが)が等しいと仮定してみます。つまり、政府の経常経費は、その年の税金で完全に賄われている、ということです。ただし、総資本形成については、まったく税金が使われていないと考えるということです。

二つ目の仮定は実は重要で、CGTであることと同時に、この場合、政府の貯蓄であるSG=0になると言っていることになります。また、一つ目の仮定から、GCGIGですから、これらをすべて、*の式に入れてみます。

すると、

(SI) = (CGIGCGSG) (EX - IM)=‐(SGIG) (ImEx)

となりますから、③の式と同じになります。

つまり、*の式は、③の式に一定の仮定をおいた時のものということができるかと思います。

« 純借入(+)/純貸出(-)(2) | トップページ | 純借入(+)/純貸出(-)(4) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559179/50697489

この記事へのトラックバック一覧です: 純借入(+)/純貸出(-)(3):

« 純借入(+)/純貸出(-)(2) | トップページ | 純借入(+)/純貸出(-)(4) »

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31