« 純借入(+)/純貸出(-) | トップページ | 純借入(+)/純貸出(-)(3) »

2011年1月26日 (水)

純借入(+)/純貸出(-)(2)

まず、一国全体のGDP(支出側)は、以下のようになります。

GDP=民間最終消費支出+民間住宅投資+民間企業設備+民間在庫品増加

 +政府最終消費支出+公的固定資本形成+公的在庫品増加

+輸出-輸入

ここで、簡便的に、支出項目を、消費支出と総資本形成(固定資本形成と在庫品増加)だけに分けて考えてみますと、

GDP=民間最終消費支出(CP)+民間総資本形成(IP)

   +政府最終消費支出(CG)+公的総資本形成(IG)

+輸出(Ex)-輸入(Im) …①

となります。アルファベットのところは、総資本形成のところはちょっと違うのですが、まあ、わかりやすくIPIGとしておきます。

ここで、所得の概念から考えていきたいのですが、とりあえず、国内総所得(GDI)を考えてみます。ちなみに、名目の場合、これはGDPと等しくなります。

所得は、一国全体でみれば、消費支出に使われ、余ったものは貯蓄となります。ここで、民間と政府の貯蓄をそれぞれSPSGとしておきます。

(この貯蓄も、本来の貯蓄とは異なるのですが、説明をわかりやすくするために、ざっくりと言っていますので、公表している『貯蓄』とは異なることにご注意ください。)

すると、

GDICPSPCGSG …②

になります。ここで、名目の場合はGDPGDIはイコールですから、①と②より、

CPSPCGSG= CPIPCGIGExIm

(SPIP)= (SGIG) (ImEx) …③

となります。

ここで、あえて、概念が違うと言いながらISを使っていた理由がお分かりいただけるかと思うのですが、ISバランスを部門別にみると、政府のISバランスの符号を逆にしたものと、外需の符号を逆にしたものの合計が、民間部門のISバランスになるということがわかります。

これが私なりに考えた、ISバランスの式になります。

« 純借入(+)/純貸出(-) | トップページ | 純借入(+)/純貸出(-)(3) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559179/50688946

この記事へのトラックバック一覧です: 純借入(+)/純貸出(-)(2):

« 純借入(+)/純貸出(-) | トップページ | 純借入(+)/純貸出(-)(3) »

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31