« 21年度確報(3) | トップページ | 連鎖統合の開差について(1) »

2010年12月28日 (火)

21年度確報(4)

最後に国際比較です。

こちらは名目暦年値をドルベースで比較します。

GDP総額ですが、こちらは既にお伝えしている通り、5420億円で、世界第2位です。1位のアメリカは14439億円でトップです。一方、中国が49844億円でしたので、相当微妙なところですね。。。

続いて一人当たりですが、39,530ドルで、OECD加盟国で16位でした。前年は加盟国で19位でしたから、少し上昇です。ただ、これは、圧倒的に為替の影響でしょうね。。。

暦年の平均為替レートは、2008暦年で103.37(円/ドル)が、2009暦年は93.54(円/ドル)ですから、1割近く円が高くなってますので、それだけドルベースで見ると高くなります。

円ベースでは大幅なマイナス名分けですが、そうなると、為替は円高になるという傾向が日本の場合は強いので、なんだか、国際比較してもよくわけが分からないなぁという印象があります。

なお、他国の水準を見ると、アメリカは45,674ドルで第7位。同じOEDC加盟国の韓国は17,078ドルで第27位。そして、気になる中国は、一人あたりでは3,744ドルで、一人あたりでは、まだOECD諸国とは少し差があるという感じがします。

ちなみにトップは、ルクセンブルグで106,277ドルでダントツです。ただ、そんなに豊かという感じはしないのですが、これは、金融などの帰属計算や、集計諸国からの出稼ぎが多い(分母の人口には入らない?)とか、そんなことが想像できるのですが、実際のところはどうなのでしょうか???

(当方は、他国の推計方法はあまり詳しくなく、こんな説明で申し訳ありません。)

« 21年度確報(3) | トップページ | 連鎖統合の開差について(1) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559179/50425963

この記事へのトラックバック一覧です: 21年度確報(4):

« 21年度確報(3) | トップページ | 連鎖統合の開差について(1) »

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31