« 世界同時不況の季節調整への影響(4) | トップページ | 準法人企業(2) »

2010年11月 2日 (火)

準法人企業

例によって、外部からの問い合わせで、一つ面白いネタを思いつきました。

その質問は、

「何で、国の特別会計と地方の事業会計は、それぞれ会計ごとに、政府と公的企業に区別されているのか?」

というものでした。

これについて考えるためには、SNA特有の概念である、「準法人企業」というものを考える必要があります。

「準法人企業」とは名前の通り、法人企業ではないのですが、「あたかも別個の法人であるかのように運営されている非法人企業」のことです。そして、SNAでは、部門分割等のためには、これらの「準法人企業」を「法人企業」のように扱うのです。

そこで、少しお時間をいただいて、「準法人企業」とはなにか、そして、なぜ、そのような扱いをSNAではしているのか(これについては、実は、明確に93SNAで書かれているわけではないので、その理由を想像してみるということになるかと思います)、考えてみたいと思います。

« 世界同時不況の季節調整への影響(4) | トップページ | 準法人企業(2) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559179/49911500

この記事へのトラックバック一覧です: 準法人企業:

« 世界同時不況の季節調整への影響(4) | トップページ | 準法人企業(2) »

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31