« GNPとGNI(5)-交易利得- | トップページ | PFI »

2010年10月 8日 (金)

GNPとGNI(6)

ここまでで、国民総所得(GNI)を求める流れを一通り書いてみました。

それを受けて、私が個人的に思ったことを少しだけ書かせていただければと。。。

思ったのは、やっぱり、GNIは、所得の概念として整理している93SNAの考え方は正しそうだなぁ、ということなのです。

というのは、GNPを求めようとしても、出稼ぎの人や海外投資分からの生産活動により発生した付加価値を捉えるだとか、逆に、国内の生産活動による付加価値の中から、海外からの出稼ぎの人や、海外の投資からの付加価値を除くだといったことなどできると思えないのです。

ですので、やり方としては、おそらく、一旦、国内の生産活動による付加価値、すなわちGDPを作ったうえで、出稼ぎの人の分として雇用者報酬、投資の分として財産所得のやり取りを調整するという形で作らざるを得ないと思います。でも、これは、あくまで所得のやり取り、すなわち分配面の話であって、この時点で「生産」の概念ではないんですよね。

「生産」と「分配」は一致するはずということを言われるかと思います。それはそのとおりです。ただ、もうお分かりいただけるかと思いますが、この所得のやり取りは、生産の時点と同時である保証はありません。特に、海外とのやり取りであればタイムラグはより発生するかもしれません。すなわち、「配当」などに典型的ですが、ある程度生産がすんで、それに対する所得という形になる可能性があります。

そう考えると、やはり、「国民」という概念については、生産ではなく、所得面で見るべきものなのではないか、という気がするわけです。

« GNPとGNI(5)-交易利得- | トップページ | PFI »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559179/49678934

この記事へのトラックバック一覧です: GNPとGNI(6):

« GNPとGNI(5)-交易利得- | トップページ | PFI »

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31