« 世界同時不況の季節調整への影響(2) | トップページ | 世界同時不況の季節調整への影響(4) »

2010年10月31日 (日)

世界同時不況の季節調整への影響(3)

消費のそれ以外の項目についても見てみましょう。

1

2

まず、半耐久財です。原系列を見ると、『4-6月期で大きく下がって、7-9月期は横ばい、その後10-12月期で大きく伸びて、1-3月期はやや落ちる』という季節性が良く分かります。これを見ると、0810-12月期の『大きく伸びる』伸び方が小さく、そのため、季節調整系列で大きくマイナスになっているのが分かります。そして、その後の09年の1-3月期ですが、確かに、原系列では下げ幅が大きいように見えますが、ただ、これくらいの下げ幅なら、07年の1-3月にもあります。その後は概ね、例年通りの季節性になっているように見えるので、09年の4-6月期以降は、ほぼなだらかな動きとなっています。

これを見ると、総じてそれほど季節性が異なっているようには見えず、10-12月期はまだしも、特に1-3月期について、09年の影響が強く出ているという感じはしないのではないかと(完全に個人的な感覚ですが。。。)

3

4

非耐久財についても、原系列を見ると『1-3月期に大きく落ちて、4-6月期で少し戻して、7-9月期は横ばい、10-12月期で大きく伸びる』という傾向が良く分かります。そして、0810-12月期については『大きく伸びる』はずの伸び幅が小さく、季節調整系列では大きく落ち込んでいます。一方で、09年の1-3月期は、原系列では例年と比べてそれほど落ち込みが大きくないので、季節調整系列ではプラスになっています。

非耐久財についても、耐久財と同じく、総じてそれほど季節性が異なっているようには見えず、10-12月期はまだしも、1-3月期について、09年の影響が強く出ているという感じはしないのではないかと(これも、完全に個人的な感覚ですが。。。)

ここまでの話で、「2008年末から2009年初にかけての世界同時不況が、季節調整に影響を与えており、GDPの実質成長率についても、0910-12月期、101-3月期が高く出ている可能性がある。」ということについて、『少なくとも、全ての系列についてそういうことがいえるわけでなさそうだ』、ということはお分かりいただけたのではないかと。。。

« 世界同時不況の季節調整への影響(2) | トップページ | 世界同時不況の季節調整への影響(4) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559179/49890930

この記事へのトラックバック一覧です: 世界同時不況の季節調整への影響(3):

« 世界同時不況の季節調整への影響(2) | トップページ | 世界同時不況の季節調整への影響(4) »

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31