« 2次QE。。。 | トップページ | ISバランス(2) »

2010年6月 2日 (水)

ISバランス

SNAでは、いわゆる『ISバランス』という項目があります。そして、これが結構注目されます。ただ、この項目がどういうもので、なんで注目されるのかについては、意外に知られていないような気がします。

そこで、その点について、自分なりに整理しながら書いてみようと思います。

まず、今は、『ISバランス』という表章項目はありません、というと、昔はあったみたいですが、実は昔もありません。昔は、『貯蓄投資差額』という表章項目名でした。『貯蓄投資差額』っていうと、貯蓄はSaving、投資はInvestmentですから、『SIバランス』だと思うのですが、なぜか、『ISバランス』というのが通例になっています。

今は、『純貸出()/純借入()』という表章項目になっています。

HPでも載っていますが、93SNAを導入したときに、表章名を変更したそうです。(なお、変わったのは名前だけで、内容はまったく変わっていません。)

http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/060125/shiryou2.pdf

ちなみに、何で名称変更したかというと、そもそも、93SNAの本体には、『貯蓄投資差額』という用語も、同じ意味ですが『ISバランス』という用語も出てこないんです。本体には、『net lending(+)/net borrowing(-)』と書いてあって、『ISバランス』というものは書いてません。それなら直訳の『純貸出()/純借入()』にしましょう、っていうこともあったのだと思います。それと、重要なことは、『ISバランス』というと、資本移転の純受取が入らない(資本移転については後で書こうと思います)イメージがあるのに、『net lending(+)/net borrowing(-)』は、それを含みます。そこで、より適切な名称として、『純貸出()/純借入()』にしたみたいです。

※この点は、93SNA導入をされた皆さんにいろいろと教えていただきました。ご教示いただきました皆さんに、この場でお礼を申し上げます。

さて、その『純貸出()/純借入()』ですが、そもそも何を意味しているのかは、なかなか説明がしにくいところもありますので、生産から順を追って書いてみようと思います。

(きっと、少しばかり長くなると思います。)

« 2次QE。。。 | トップページ | ISバランス(2) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559179/48519732

この記事へのトラックバック一覧です: ISバランス:

« 2次QE。。。 | トップページ | ISバランス(2) »

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31