« ISバランス番外編―基礎的財政収支(プライマリー・バランス)(3)― | トップページ | ストック編(続き) »

2010年6月28日 (月)

ストック編

ストック編についても、少しだけ書いてみたいと思います。以前から書いてみたかったのですが、なかなか書いている機会が無くて。。。

ちょっと話がずれますが、以前どこかで(確かGWの深夜か早朝)、高橋洋一氏が、「財務省は長期債務残高だけを出して、大変だというが、日本には見合いの資産もある。債務だけでなくて資産との見合いで見るべき。」といっていました。そして、その直後、堀江氏が、「何で、政府って、歳入と歳出の予算・決算だけの単式でやっていて、企業みたいに複式にしないんですかね?」っていっていました。

一応、SNAは実は複式で記入しているし、ストック編では、制度部門別の貸借対照表もでてきます。ということは、一応、企業会計でいう資本(新会社法では「純資産」?)にあたるものも、資産、負債とその調整項目という形で出てきます。SNAでは、「正味資産」という項目になります。バランス項目ですから、当然、「資産」=「負債」+「正味資産」です」、これも、企業会計の貸借対照表と同じですよね。

なお、少し違うのが、企業会計だと、純資産は、実現した株主資本と未現実の利益による資産とかに分かれますが、「正味資産」は細かくなっていません。(何でなんでしょうか?もう少し勉強してみます。)ただ、政府部門についていえば、そもそも、政府に対して資本概念を入れる意味はあまりないと思います(そもそも、政府に対する資本って何かわからない上に、取引概念がない)ので、この部分は、「資産と負債を羅列して、その差額を取ったもの」というような意味しかないといえるかもしれません。

そもそも、公会計でも、この部分は「資産・負債差額」として一括計上ですし。。。

ただ、SNAだと実際に出るのが1年遅い(各組織の決算を元に推計するため、どうしても、1年後の年末から2年後の年始というタイミングになってしまう。。。)ことと、国の一般会計とかだけで出てこないので、あまり印象が無いんでしょうね。

« ISバランス番外編―基礎的財政収支(プライマリー・バランス)(3)― | トップページ | ストック編(続き) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559179/48738968

この記事へのトラックバック一覧です: ストック編:

« ISバランス番外編―基礎的財政収支(プライマリー・バランス)(3)― | トップページ | ストック編(続き) »

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31