« 幼稚園と保育園 | トップページ | 1-3月期1次QE(2) »

2010年5月21日 (金)

1-3月期1次QE(1)

本日、1次QEを公表しました。

http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/toukei.html#qe

いつものことなのですが、時間との戦いというところがあり、公表後に本当にどっと疲れが出ます。。。

1-3月は、2次までの間が短いので、ホッとしている暇もなく、すぐに次の準備にとりかからなければという状況です。

さて、今回のQEの内容についてのTweetsです。

まず、実質GDP(季節調整済前期比)ですが、1.2%でした。そして、名目GDP(季節調整済前期比)も1.2%でした。

ですので、GDPデフレーター(季節調整系列)の前期比は0.0%とマイナスでなくなりました。名実逆転ではなかったということです。

参考までに、10-12月期のGDP前期比を見てみると、実質が1.0%で名目が0.3%ですから、デフレの中での成長だったと言えそうです。それにくらべて、1-3月期はずいぶん違いますね。

今回は、まず、デフレーターの内訳を個別に見てみましょう。

GDP  0.0

民間消費 -0.3

民間住宅 0.6

民間設備  0.3

政府消費 0.7

公的資本 0.7

輸出   1.1

輸入    3.9

これを見ると、ほとんどの項目が前期比でプラスになっています。これは、新聞やニュース等でも言っていますが、「野菜や資源の値上がりの影響が大きい。」ということで、正しくそのとおりです。資源価格の関係で、設備投資関係(住宅、民間設備、公的資本)のデフレーターはプラスになっています。なお、公的資本については、10-12月期から実はプラスになっていて、設備関係は以前からその傾向が出ていたと言えるのかもしれません。

野菜価格はもろに民間消費に効いています。民間消費だけだと分からないのですが、これを耐久財、半耐久財、非耐久財、サービスに個別に見てみると、非耐久財(野菜とかガソリンとかが入ります)が前期比で実質0.2%、名目0.9%となっています。単純に引いてみると、0.7%くらいデフレーターが上がっているということが分かります。民間消費は、耐久財(テレビとかパソコンとか)が、常に価格が下がっているので、全般的にデフレ傾向になるのですが、それをかなり押し上げていると言えそうです。

確かに、1-3月は野菜も高かったし、ガソリンも上がった気がしますので、私としては実感にあっているなと思います。

一方、原油価格が上がっているので、輸入のデフレーターが相当上がっています。GDPデフレーターに対しては、輸入価格の上昇は押し下げ要因となるので、かなり引き下げています。ただ、それでも、一部価格転嫁はしているようで、それでプラスとなっています。上がっているのは、輸出とか設備関係、あと、非耐久財(日用品が多い)ですから、まあ、転嫁しやすいところは反映しているということなのかもしれません。

ただ、野菜価格の上昇は、一時要因でしょうから、デフレかどうか判断する、というようなときは注意が必要でしょう

なお、予想よりも外需が高いという言い方もされていますが、その原因は、恐らく、輸入価格の上昇が大きかったため、実質の輸入が低くなったからでしょう。輸入などは原材料そのままですから、価格は直に上がりそうですが、輸出になると、それを加工してという一段階が入るので、輸入ほどは価格転嫁できなかったということなのかもしれません。

あと、皆さんが気にされている消費ですが、これが高いか低いかは、専門家の方に判断を任せたほうが良いと思いますが、事実としていっておくと、やはり10-12月があまりに耐久財が高く出たので、10-12月からの前期比の伸びで見ると、例年よりも低く見えてしまったため、季節調整で思ったほど高く行かなかったという面もあるような気はします。テレビなどは相当売れているようですし、自動車も、10-12月の高い伸びから見ると、そこからさらに伸びている以上、低かったとまではなかなか言いにくいところです。

« 幼稚園と保育園 | トップページ | 1-3月期1次QE(2) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559179/48414048

この記事へのトラックバック一覧です: 1-3月期1次QE(1):

« 幼稚園と保育園 | トップページ | 1-3月期1次QE(2) »

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31